不動産に関する税務

不動産に関する税務について

不動産に関する税務について 不動産に関する税務について、関係する税金には、不動産に生じた状況により、次の様な税金が課されます。
譲渡や賃貸しなどをした者に対する所得税(国税)と住民税(都道府県税、市町村税)、法人の場合は法人税(国税)などを納めます。
また、取引の契約書を作ったときには印紙税(国税)を、取得した者は不動産取得税(都道府県税)を納めなければなりません。登記する者は登録免許税(国税)を納めます。
また、保有している者は固定資産税(市町村税)を、市街化区域内に保有しているときは都市計画税(市町村税)を納めます。相続を受けた者は相続税(国税)を、贈与を受けた者は贈与税(国税)を納めます。
以上のように関係する税金は、風駆数あり、それが事情に応じて複雑に組み合わさるので、税務処理については税理士など、専門家に相談するのがいちばんよいでしょう。
不動産業者の中には、無料相談を受けているところもあります。また、無料で税理士を紹介してくれる専用のサイトがあります。

所有する不動産にかかる税金について

所有する不動産にかかる税金について マイホームは財産であり、多くの人は一生に1回だけ買う、人生最大の買い物と言ってもいいでしょう。
しかし、自己所有の不動産も維持費がかかります。税金もその一つで毎年毎年かかってきますし、土地が値上がりしてしまうと税金も増えてきてしまいます。
自己所有にかかる不動産は大きく2つで、固定資産税と都市計画税の2つです。
ともに、所有する不動産の評価額に応じて税額が決められ、税率は自治体によって異なりますが、固定資産税が1.4%の標準税率、都市計画税が0.3%というのが最高税率となっています。
その年の1月1日に固定資産課税台帳に登録されている所有者に対してこの2つが同時に課税されます。基本となる固定資産税評価額は3年ごとに改訂されます。
一方、不動産の税金はかかるだけではなく、軽減されることもあります。多くの場合、住宅ローンを利用されるでしょう。
住宅ローン減税があり返済が残っている住宅ローンの残額により減税されることもあるので上手に使いましょう。