不動産売却での共有名義と議事録

不動産の売却の仲介の役割

不動産の売却の仲介の役割 不動産の売却の方法にこだわりたいことがあれば、仲介業者を賢く選ぶことがおすすめです。
近頃は、顧客サービスの良しあしに注目をする人が目立っており、魅力的な土地や建物の売却をスムーズに行う上で、専門の業者のサポートを受けることが良いでしょう。
人気の高い不動産会社の大半は、無料相談などのサービスが充実していることもあり、多忙な生活を送っている人であっても、安心して契約を結ぶことが可能となります。
また、仲介業者の利用料金の相場については、今や様々なメディアで紹介される機会が増えており、少しでも知りたいことがあれば、複数の情報源を使いこなすことが大事です。
その他、実際に不動産の売却をしたいことがある人の感想を聞くことによって、いざという時にも落ち着いて行動を取ることが出来ます。
もしも、業者選びの取り組み方について知りたいことがある場合には、まずは住宅情報誌などのツールを使いこなすことが必要となります。

不動産の売却における決済で必要な書類

不動産の売却における決済で必要な書類 不動産売却の手続きにおいて最後の山場となるのが、売主、買主、不動産会社の担当者、金融機関の担当者、行政書士が一堂に会して行われる残代金の決済です。
代金決済当日、関係者が集まったら、まずは必要となる書類の確認を行います。
このとき、売主が持参しなければならない書類には登記識別情報、印鑑登録証明書、固定資産税納税通知書のほか、戸建て物件の場合は土地測量図や境界確認書、建築確認済証などが、マンションの場合は管理規約をはじめとする管理組合から交付された書類一式が挙げられます。
必要書類の確認が済んだら、金融機関の担当者が残代金の決済を行い、その後固定資産税の負担金や仲介手数料、司法書士報酬などを精算します。
代金の受け渡しは現金で行われることはほとんどなく、伝票を用いて銀行振込で行うのが一般的です。
精算終了後は鍵と関係書類が売主から買主へと渡り、司法書士は法務局に対する登記手続きに入ります。
これで手続きは終了となり、後日登記完了が確認されれば、不動産は正式に買主のものとなります。